車のコーナーセンサーの効果

車庫入れや縦列駐車の時コーナーセンサーがあると非常に便利です。コーナーセンサーはメーカーの純正品以外にもお得な汎用製品が色々あります。

サイトトップ > コーナーセンサーとは

スポンサードリンク

車のコーナーセンサーの効果

コーナーセンサーとは


コーナーセンサーとは、車庫入れや縦列駐車などを容易に行なえるようにする目的で、ボディのコーナ部分に取り付けられて、運転者の死角になる場所、または距離感の分からない障害物を検知するものです。


その検知領域を大幅に拡大して、主にバックする時に周りの人間や障害物を検知するものをバックセンサーと呼んでいます。とくに最近はワンボックスカーなどの大型車が増えたこともあって、コーナーセンサーの使用率も高くなってきています。


コーナーセンサーを利用する理由としては、クルマの形状によって死角ができてしまう場合や、そもそもクルマが大きすぎて距離感が掴めない場合などのほか、運転者の技術が未熟であることが挙げられます。特に女性の運転者や高齢の運転者などは、車庫入れや縦列駐車などが不得意な人が多く、時間が異常に掛かったり、車体をぶつけてしまったりすることがよくあります。


しかし、このコーナーセンサーを搭載することによって危険を事前に察知できるため、安全にかつスムーズに車庫入れや縦列駐車ができるようになるのです。基本的にコーナーセンサーは、光と音で運転者に危険を知らせるものがほとんどのようです。安全面を考えればコーナーセンサーも付けたほうがよいと思いますが、一方で、雨などによる誤作動が問題になっていることもあります。


車のコーナーセンサーの効果

MENU



スポンサードリンク